東京都知事選 

都知事選、何たる茶番。

小池候補、彼女が当選しそうだが、なぜ都議会自民党に公認を迫り、断られると、彼らを潰すということになるのだろうか。最初に、公認を求めたのは一体何だったのか。彼女の過去の言動からすると、極右に近い政治信条の持ち主であり、また極端な日和見であることが分かる。だが、改革者としての選挙戦をマスコミが面白おかしく取り上げている。それが仮面であることも分からずに。彼女が都知事になったら、大阪維新等と組んで、極右政党を立ち上げるのかもしれない。

増田候補は、岩手県知事時代に同県の公共事業を推し進め、県の負債を二倍以上に増やして辞めた人間。どこが実務家なのか。ジェネコンの大規模な応援を得ているらしい。自民党の政治家が、オリンピックで利権を得ようと蠢いている。

最後の、鳥越さん、ちょっと高齢に過ぎたし、脇が甘い。宇都宮さんだったら、もう少し行けたのかもしれない・・・これも、マスコミで名が知れた人物しか、選挙で勝てないというポピュリズムの反映か。

何も考えずにマスコミがもてはやす候補に率先して投票するのは論外だが、入れる先がないといって棄権するのも、巨大な勢力にフリーハンドを与える行為になってしまう。より悪くない候補に投票してもらいたいものだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/4099-5d9cbf4e