最近の交信から 

めっきり会話らしい会話のなくなったCW交信だが、砂浜で砂金に巡り合うような頻度で、楽しめる交信もまだないではない。

数週間前、14メガで会った、Hartmut DK2SC。半身まひの方はどうかと尋ねると、回復はすでにきわめてゆっくりになってきている、とのことだった。杖をついて歩行しているらしい。リハはどうしている?という質問には、歩く先にウイスキーが置いてあれば熱心にやるのだけれどね、と言って笑っていた。奥様には頭が上がらぬ様子。でも、元気そうで何よりだ。

週に一、二度お目にかかるEllen W1YL。以前掲載した写真で、左手に置かれたKentのパドルは、Ned W1RANからの誕生祝の由。昔、左手で送信を練習した経験があるので、またその練習をしているそうだ。練習を積むとできるようになるものなのね、と89歳の方に言われると、歳だからと楽器やほかの習い事で音をあげるのは、許されぬことだと痛感。W7RNのリモートコントロールで毎朝CWを叩けるのがうれしいといつも仰る。彼女が家庭を築いたのはCT。小高い丘に家があり、夏はトマトをたくさん栽培し、残ったトマトは缶詰にして保存した由。1978年に、私も存じ上げるPete W1RMにその家を譲ったらしい。Peteは、増改築を繰り返しながら、今もそこに住んでいる。

ほかにも、コールを思い出すだけで、K2RD、WA6MCL、W8KJP等などと印象に残る交信が、この2,3か月の間にできた。K8JP Joeも、V31からではなく、テキサスの自宅からQRPで呼んでくれた・・・最初、彼と認識できず。あと1か月もすると、秋本番になることだろう。もう少し、オンエアーに皆が出てきてくれると良いのだが・・・日中も、JAのラグチュワーが呼んでくれないかと時折CQをだすが、和文の方からさえ呼ばれず。だが、まだ、しばらくはCWに出続ける積りだ。

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

時々楽しくモニターさせていただいています。JAのラグチュアーは、昔よりは逆に増えているかもしれないと思います。今は小学校から英語をやる時代、あとはCWに出てくれれば良いだけなのですが。FMと違って419かそれ以下でもラグチューが成立するのがとてもうれしいです。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/4117-019b2468