自作リグにスプリアス実測規制 

新スプリアス規制に関わる、自作リグの実測の料金をJARDが公表したらしい。よくわからぬが、基本料金は4000円で、各メニューごとに結構な料金体系だ。

しかし、よく考えてみてもらいたい。これまでも、スプリアスの規制はあったはずだが、なぜこれまでこうした実測を当局ないしJARDは要求してこなかったのか?


過去、スプリアスの実測を行わずに免許を下してきたのは(まぁ、あの書類上の無意味な保証認定という制度の無意味さは置いておくとして)、アマチュア無線が自己研さんの趣味であり、自作がその大きな部分を占めたためではないのか

自作リグのスプリアス実測要求そして法外な料金体系、これは、JARL役員の横滑り組織、かつ官僚の天下り組織であるJARDが、あからさまに新たな利権漁りを始めたということではないか。ITUが新たなスプリアス規制を公表した、それに乗じて、金儲けをしようではないか、とJARD執行部と天下り官僚が企図したのではないか。

高々数千円程度の自作リグに対して、その数倍のコストのスプリアス実測を義務付ける。これは、アマチュア無線を破壊することに他ならない。

この新規制をきちんと適用するならば、自作リグに少しでも手を入れたら、スプリアス実測をし直すことが必要になる。

このような規制のもと、自作を続けようとするアマチュア無線家は皆無になる。諸外国では、古い無線機を含めて、こうした規制はない。

アマチュア無線によって、若い人々が探求心を得るということが無くなる。

アマチュア無線を破壊したのは、JARLからJARDに横滑りした有給の理事たちと、天下り官僚である、と後々記憶されることになる。

こうした利権漁りが、官僚と彼らと組んだ一部の民間業者・組織ないし学会によって、わが国のいたるところで行われている。この構造が、わが国自体をダメにするのではないか。これは、単なる「趣味に関わる小さな不正」ではない。社会に蔓延する不正構造の一角なのだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/4138-67d96d29