終末期難民 

超高齢化社会が始まっている。すぐに多死亡社会がやってくる。厚労省の推計では、年間死亡者数が2040年に170万人弱でピークとなる。これは、以前の1.5倍程度に当たる。死亡率はその後も高いままである。こちら

人が亡くなるのは、医療介護施設か、自宅かである。医療施設での死亡が、年々多くなってきている。約8割が医療機関での死亡だ。こちら。だが、医療施設の病床は減らされ続け、介護施設も足らない。結局、在宅で最後を迎える国民が多くなる方向に政策がとられている。

問題は、在宅医療介護の担い手の問題、とくに家族のだれがケアをするのか、ということだ。これだけ核家族化が進んだ状況で、家族が高齢者の面倒を見続けるのは実際難しいのではないか。短い期間で終末を迎えられれば良いが、そうとは限らない。また、最終末期のケアを家族だけで行うことの負担は大きい。

もう一つ、在宅医療を担当する医師・看護スタッフが足りない。かといって、いざというときに、救急車で病院に駆け込むことは困難になる。特に、東京等の大都会でその傾向が強い。在宅医療の主治医がいない状況で患者が在宅で亡くなると、不審死となり、警察のお世話になることになる。

こちらの記事によると、2030年には、約47万人が死に場所のない終末期難民になると、厚労省が警告しているという。野良で亡くなることを覚悟しなければならなくなる、ということか。

政府は今対策を講じるべきなのだが、その気配はない。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/4154-df5b11dd