外科医師の釈放を求める署名 再掲 

手術直後の患者にわいせつ行為をしたとして、逮捕・起訴された外科医が、いまだ拘置されている。もうすぐ2か月になる。警察・検察の言い分は、医師が証拠隠滅を図る恐れがあるためというが、まず間違いなく、当医師が自白していないために拘置し続けているものと思われる。

医師に万一非があるとしても、これほど長期間の拘置は異常である。さらに、もし彼が無罪であるとする(この可能性が圧倒的に高い)と、警察・検察の行っていることは、権力の乱用以外のなにものでもない。

この事案は、医療に多大な悪影響を及ぼす可能性がある。患者が適切な医療を受けられなくなる、ということだ。

医師の釈放を求めるネット署名が続けられている。ぜひ署名していただきたい。

こちらにこの件についての記事と、署名先のリンクがある。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/4199-ff6dcb7a