ブログ開設10年 

もうすぐブログ開始後10年が過ぎようとしている。最初のころのポストを拾い読みしてみた。今も結構ポストしているが、当時は、すさまじい頻度でアップしていた。開業後10年が過ぎ、仕事も流れるようになり、自分の考え、記録をどこかに書き留めたいという欲求が、あの怒涛の更新をもたらしていたのだろう。

ブログを書き綴っていて、大きな出来事がいくつかあった・・・大野病院事件、2011大震災、福島第一原発事故、母の死、そして私のリタイア。第二次安倍内閣での集団的自衛権容認というなし崩し的な実質的な改憲・右傾化も大きな出来事だ。私的な出来事では、もっといろいろあったが、ブログに記せた出来事の主要なものはこれくらいか。その時々に、考えたこと、思ったことを記してきた。当初、自伝的なことも書いたが、それの延長のようなものだ。周囲の出来事を通して、自分を語っているわけだ。

あとどれほど続けられることだろうか。ふっと風が吹くように、閉じて存在しなくなるのが良いなと常々思っているが、まだしばらくは自分語りを続けたい。体力的に、また知的能力の面でも劣化が進んでいるが、Browningの詩にあるように、良いことはこれからだ、という希望を抱いて、生き、記録をし続けたい。たいした内容のない、マンネリ気味のブログに訪問してくださる方にお礼申し上げたい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/4247-f6d623b4