糸魚川の大火 

糸魚川市の火災で被災された方にお見舞いを申し上げます。

今回の火災が広範に及んだ理由は、フェーン現象や、強い風もあるかもしれないが、糸魚川市内の立て込んだ街並みも大きなファクターだったのだろう。

密集した住宅地というと、まず東京が思い浮かぶ。特に、下町を中心とした区部の住宅は、ほとんど間隔がなく建てられている。防火のためのスペースがないところが多い。さらに、電柱が狭い道路に建てられており、地震の際にそれが倒れると、救助、消火活動を妨げる。

東京消防庁の作成した、地震・火災に対するリスクを示す地図がある。こちら。上記の地域は、ハイリスクであることが分かる。特に下町地域は、地盤が軟弱であり、街並みとしても火災で被災しやすい。

建物の間隙を多くとるようにする、防火帯を設ける、電柱の地下化を進める、地域での防災・消火活動の準備を行うということを進めるべきではないだろうか。もちろん、難しい問題もあるが、地震による火災は同時多発する。なんとしてもできることから、予防処置を講じておく必要がある。

糸魚川は、ドライブ旅行で何度か通過したことがあり、思いで深い土地だ。白馬から姫川沿いの曲がりくねった道を日本海に向けて走る。その突き当りに、糸魚川の町がある。海岸沿いの料理屋で食べたあら汁が旨かったこと。被災地の皆さんが一日も早く普段の生活を復旧されることを祈りたい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/4331-cacf51dd