2016年度日本株売買動向 外国人投資家3兆7千億円売り越し 

興味深いデータが出ている。

昨年2016年度中の日本株式の売買額、7割が外国人投資家による。外国人投資家は3兆7千億円弱の売り越しだ。こちら参照。

これは、リーマンショック以来の売り越し額だという。

日銀、GPIFが大幅な買い越しをしている。

要するに、外国人投資家からアベノミクスなる政策は見限られたということだ。それで、株価が暴落するのを、日銀、GPIFに買い支えさせている・・・もちろん、政府がそう指示したのだろう。

さて、年金資金がどれほどマイナスに触れているか、要注意である。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/4375-2ac3de7e