残業時間の上限規制強化という偽善 

こんなことをしたら、ますますサービス残業が増える。長時間労働に批判的な世論へのガス抜きか。

まずは、長時間労働を余儀なくされている医師等の実際の労働時間をしっかり調べるべきだ。

公務員にも、サービス残業が多い。こちらを参照。この苛烈なサービス残業をやり抜いた官僚が作る制度だから、必然的にザル法になるのか。この深夜に及ぶ官僚の残業の多くは、国会対策だと言われている。

法律上、残業時間規制を厳しくするなら、それを実現するための担保が必要だ。

以下、引用~~~

<残業>「月80時間」上限、政府調整 19年度導入目標
毎日新聞 1/25(水) 7:00配信

 政府は、長時間労働の是正策として検討している残業時間の上限規制について「月80時間」を軸に調整に入った。1カ月単位だけでなく半年や1年などの期間でも規制を設け、この場合は「月平均45時間」などとする案が出ている。政府の働き方改革実現会議の労使メンバーらの意見も踏まえて今国会か今年の臨時国会に労働基準法改正案を提出し、2019年度からの導入を目指す。

 厚生労働省が昨年公表した過労死白書によると、過労死ラインとされる月80時間超の残業があった企業は約2割に上り、上限規制で一定の効果が期待される。

 労基法は残業を原則禁止しているが、労使が同法36条に基づく「36(さぶろく)協定」で特別条項を付ければ時間制限を外すことができる。長時間労働を助長すると指摘されており、昨年問題になった広告大手・電通の過労自殺では亡くなった社員の時間外労働が月100時間を超えていた。

 政府は新たな法規制による企業への影響は限定的とみているが、長時間労働へ厳しい目が向けられている現状を踏まえ「世論の動向も重要だ」と指摘する政府・与党関係者もいる。上限を80時間より短くする声が強まれば、経済界との調整が難航する可能性がある。

 忙しさが時期によって異なる業種などに配慮し、複数月での規制も検討。月平均45時間とした場合、6カ月単位なら270時間が上限になる。運輸業などで認められている適用除外も残す方向で、3月末までに最終決定する。【阿部亮介】

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/4422-88db9d22