福島原発事故は今も続く 

今夜、NHKTVでスベトラーナ・アレクシエービッチ氏の福島訪問のドキュメンタリーを放映していた。

実に重い内容だった。福島原発事故から1か月が過ぎようというときになって初めて、飯舘村で避難勧告が出された。その次の日に、102歳になる老人が自殺をした。酪農を断念せざるを得なかった酪農家は、新しく建てた牛舎の壁に、「原発さえなければ・・・」と記して、自ら命を絶った。標準化死亡率で表した自殺率は、事故後4年経ってからむしろ上昇してきている、という。アレクシエービッチ氏は、国とその為政者は、結局何もしてくれない、日本には、チェルノブイリと同じく、抵抗の文化がない、と語っていた。

申し訳ないことに、福島で自殺率が高い状態が続いていることを知らなかった。あの災害、原発事故は、今も続いている、と考えなければならない。

以下、引用~~~

サンスポ2016.11.28 19:21
ノーベル文学賞作家、福島県訪問し「日本に抵抗の文化ないと目の当たりにした」

 ノーベル文学賞作家でジャーナリストのスベトラーナ・アレクシエービッチさん(68)が28日、東京都府中市の東京外国語大で講演した。東京電力福島第1原発の事故で甚大な被害を受けた福島県を訪問したことを踏まえ「日本社会に抵抗の文化がないことを目の当たりにした」と語った。

 アレクシエービッチさんは26、27日と福島県を視察し、事故の被害を受けた住民らの話を聞いた。講演では「何千人もが訴訟を起こせば国の態度も変わるだろうが、一部の例外を除いて、団結して国に対して自分たちの悲劇を重く受け止めるべきだと訴えるような抵抗がなかった」と指摘。「(旧ソ連時代から)全体主義の長い歴史を持つ私たちと同じ状況だ」と述べた。

 アレクシエービッチさんはチェルノブイリ原発事故を巡る記録文学「チェルノブイリの祈り」などで知られる。東京外大などの招きで23日に来日。28日には、東京外大から名誉博士号を授与された。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/4490-68c2c223