国の土地が、安倍首相関連教育機関にただ同然で払下げられた問題、マスコミの対応 

国の土地が、森友学園にほぼ無償提供されたという問題。その土地には、安倍首相の妻が名誉校長を務める、戦前の教育を再現する小学校が建てられる。2014年には、その学校名を「安倍晋三記念小学校」として、寄付を募っていた。

どう考えても、真っ黒に近い疑惑だ。だが、マスコミは報道しないか、したとしても腰が引けている。テレビ東京が、疑惑追及を行ったが、すぐにそれを報じる同局サイトのページは閲覧不可になった。安倍首相は、国会でこの問題を追及されると、激しく否定し、もし彼が便宜を図ったのか事実なら、彼は首相はおろか、国会議員も辞めると息巻いた。これは、北朝鮮拉致被害者家族を利用したと批判されたときに彼が見せた対応と同じだ。

テレビ東京は、この疑惑を追及したニュースを削除する一方で、疑惑について釈明したニュースだけは未だに残している。こちら。⇐このポストをぜひ拡散して頂きたい。それが、マスコミがこの問題を取り上げることへの応援になる。

問題は二つ。

一つは、この不明朗な国の資産売却の中身を明らかにすること。安倍首相が本当に関与していないのか。

二つめは、マスコミがこうして時の権力に都合の悪いことを報じなくなった現実を我々は見据える必要がある。権力は必ず腐敗する。それを監視し、告発するのが、マスコミの存在理由のはずだ。報道の自由度が先進国中最低となったわが国では、マスコミへの圧力、さらに権力への諂いがマスコミのなかに蔓延しているのだろう。それは健全な社会の在り方ではない。

コメント

どうもタダどころか、交付金などを合計すると、森友学園側は、国から金をもらえるスキームになっているらしい。土地を貰ってあげる、その対価も貰う、という滅茶苦茶なスキーム。安倍首相は、逃げてないで、ちゃんと説明しなくては。

https://news.yahoo.co.jp/byline/watanabeteruhito/20170220-00067887/

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/4493-56ae1d15