パチンコ業界と、アマチュア無線界は同じような利権の温床 

パチンコ業界が、警察官僚の天下り先、利権の源になっていることはよく知られている。先ごろのリゾートカジノも、そのために作られることになる。天下りが利権をどのようにして生むのか、また一つ分かったことがある。

今日の衆議院予算委員会。民進党の議員が質問したところでは、パチンコ・パチスロの機械の型式試験というものがあるそうだ。それを一手に引き受けているのが、保安通信協会という団体。こちらにその説明がある。一つのモデル当たり150万円以上を、同協会はメーカーから試験料として受け取っているらしい。同協会は、この型式試験等で毎年数十億円の収入を上げている。

もちろん、この協会には、警察官僚が多数天下っている。

これ以外にも、パチンコ業界は、様々な形で、警察官僚の天下りを受け、彼らに利権を与えている。

アマチュア無線界も同じだ。JARD・TSSが、従来の保証認定はもとより、新スプリアス規制という新たな規制で、収入を得ようとしている。(多くの場合、不必要な)規制をしき、それによって利権を得る、同じ構造だ。この二組織が、悪質なのは、検査も試験もせずに、ただ書類上の保証認定で、アマチュア無線家から金を巻き上げていることだ。書類上の保証認定に一体どのような意味があるのだろうか。末端のユーザーであるアマチュア無線家に、保証認定を受けさせるのもおかしな話だ。製造メーカーが規制の適合試験を受けるだけで十分なはず。または、厳密にいえば、実際の無線局で個別に検査するべきなのだ。いずれにせよ、国際的な標準のアマチュア無線の免許制度からかけ離れた、時代錯誤の規制だ。2、3千円の自作機を実際に用いる際に、それと同額の保証認定料を支払う。愚の骨頂ではないか。アマチュア無線が、青少年の科学的な探求心を養う上で果たしてきた役割を、行政官庁はおろか、JARL・保証認定組織が壊している。愚かなことだ。

JARDにはJARL元理事が横滑りしており、両者には官僚も天下っていることだろう。あのJARLでさえ、天下りを受け入れているわけだから、この二つの組織JARD・TSSには多数天下っていると考えて間違いない。こうした中小の天下り先には、法的規制から外れて下々の官僚が天下るのだろう。

こうした天下りによって、不必要な規制が敷かれ国民に不便と金銭的負担を強いる、また税金が補助金等として天下り先に国庫から流れる、天下り先は行政とのつながりを利用してさらに悪辣に利潤を上げる、この大いなる利権の構図が、わが国のいたるところにある。某アマチュア無線機器メーカーは、JARLと組んで、ある無線機の市場を独占しようとしている。これも同じような構図だ。

こうした利権構造が、国民に直接どれほどの害を及ぼしているのか、税金の無駄遣いにつながっているのか、想像するに難くない。この利権構造が、わが国の将来を危うくする。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/4500-1ec00cc3