FC2ブログ

国民投票法案成立 

昨日、この法案が国会で成立した。様々な問題点が残っていることは、メディアで指摘されている。

○住民基本台帳登録されている国民だけが投票できる。所謂、ホームレスの方等は、投票できない。在宅投票の規定もないようだ。在宅療養をしている方々も投票できぬ。

○最低投票率の規定がない。さらに、○、×のみを投票とみなし、白票をカウントしない。投票する対象、政権与党は憲法改正を念頭においているわけだが、それを出来る限り可決させ易いようにしている。憲法96条では、「国民の過半数」が賛成したときに、憲法改正ができると規定している。それに明らかに反する。

小泉は、米国の意向を受けて、郵政民営化をし、国民の蓄えを米国金融機関に委ねる道を開いた。安倍は、同じく米国の意向を受けて、日本を米国に追随して戦争をする国にしようとしている

現政権と官僚は、若い医師を、制度と金で縛って、僻地医療に放り投げる医療制度を構築しようとしている。

それと全く同じ発想で、彼らは、若い人々を、奨学金等を与えると約束して戦争に駆り立てる制度を作ることだろう。米国では、貧しい階層の青年が、奨学金を求めてイラクに赴いている。

戦争が本格化すれば、やがては徴兵制を敷くことだろう。

彼らの意図を見据えて、それを打破する戦いをしようと、静かな意志を改めて固めた。どれだけのことが出来るか分からないが、こうした策謀は絶対許せない。かわいい幼子を持つ親御さんであれば、分かるはずだ。強い意志を持って、この策謀に反対し続けるつもりだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/453-753d4c50