森友学園籠池理事長を尻尾切りして済ます積りか? 

森友学園疑惑について、どうも自民党、安倍首相それに日本会議等関連する政治家、組織は森友学園籠池理事長夫妻をトカゲのしっぽよろしく切り捨てて、収拾を図りたいと考えているようだ。

この問題が公になる前は、共感し共同する仲間だったと公言していた連中が、ここに来て、籠池氏等知らない、森友学園の教育方針は問題だ、と言って憚らないのだ。

最近のリテラがこんな記事を載せている。こちら。日本会議の幹部である籠池氏を、日本会議関係者が自分たちと違うと述べている、というのだ。

上記リテラから引用;

『3月3日の毎日新聞朝刊の記事だった。この日の同紙は森友学園の保守人脈を特集していたのだが、そのなかで「籠池氏を知る日本会議関係者」がこんなコメントをしていたのだ。
「森友学園の考えは神道でも保守でもなく、ネトウヨ(ネット右翼)に近い。あれが日本会議の活動と思われるのは心外だ」』

引用終わり

日本会議を中心とする極右の人々は、何と薄情なことか。ちょっと以前まで同士であった籠池理事長をネトウヨ呼ばわりしている。少なくとも、問題が露わになる前は、思想的に同一だったはずが、都合が悪くなると、さっさと尻尾切りに走る。森友学園の教育方針を称揚し、籠池氏は自分に共鳴していると明言していた安倍首相は、籠池氏とは面識がないし、あの教育は問題だと言い出す始末だ。稲田防衛相も、親密な関係にあったはずが、それを否定し始めている。

そうした薄情さは、どこから来るのか。やはり、利権、経済的な利益という点で結びついているからではあるまいか。利権・利益で結びついた場合、利権・利益に反するとなると、さっさとその対象を切り捨てる。安倍首相、稲田防衛相は、政治的な立場という利権を守るために、さっさと籠池氏を切り離すわけだ。ここで、利権、利益で結びついていた籠池氏が、収賄の内実をぶちまけてくれるのではないか。実際、鴻池議員の告白によって、一方的に悪者にされた籠池氏は、森友学園のウェブサイトで鴻池議員から賄賂の要求があったことを明らかにしている。籠池氏は、すでに告発されているので、恐らくそうした事情をぶちまけることになるのではないだろうか。

極右思想の衣をまとった、こんな醜悪な利権集団は、ぜひ内情を明らかにして、そうした集団の人物が国の運営などに関わらなくしてもらいたいものだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/4541-3e8b6ef7