地震活動の活発化と、原発再稼働 

カムチャッカ半島の火山が、大噴火を起こしたと報じられている。こちら。同地では、9日にも別な二つの火山が噴火。2012年にも、三つの火山が噴火している。

環太平洋火山帯が明らかに活動期に入っており、それに伴い地震活動も活発化している。

大阪高裁は、高浜原発再稼働を認める判決を出した。再稼働が認められたのは二基ともプルサーマル発電であり、非プルサーマルに比べて、リスクが高い。高浜原発のある若狭湾沿岸には、4つの原発に計14基が存在する。すべてほぼ50km圏内に入る。一か所で深刻事故が起きたら、他の近傍原発がすべてコントロール不能になる可能性がある。京阪神まで120km前後以内だ。

福島第一原発の事故原因がまだ明らかでなく、また深刻事故の際の住民の避難、さらに事故を起こした原発への対処方法が決まっていない。再稼働を認めるのは、もっぱら関西電力の経営のことだけを考えてだ。原子力規制委員会の新規制基準は、安全を担保するものではない、と同委員会委員長が繰り返し述べている。原発再稼働を政策として推進しているのは安倍政権である。繰り返し述べている通り、2006年第一次安倍内閣当時、安倍首相は、原発での深刻事故は起きないので、それへの対策はとる必要がないと、国会答弁している。福島第一原発事故の責任を取るべき政治家として、安倍首相は筆頭に位置する。その彼が、危険な再稼働を推進しているのは無責任極まる。もう一度、同じような深刻事故が起きたら、日本という国は再び立ち上がれなくなる。

若狭湾にも地震・津波が襲ってくる可能性はある。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/4629-5d5449fb