FC2ブログ

福島県立大野病院事件第五回公判 

下記の記述を読んで、臨床医の方は、どのような感想をもたれるだろうか。

他の新聞社等の報道を読んでも、多少内容は異なるが、私の感想は、基本的に変わらない・・・

一つには、これはCPCの報告なのではないか。死亡症例の病理所見と、臨床経過をつき合わせて議論し、臨床経過をよる深く理解する学問的な検討会そのものではないか、というのが第一の感想だ。これは、法廷にあって、法曹の方々が行なうべきことではない。

第二に、この事件で問題にされるべきことは、経過中に各々の時点で主治医が行なった判断が、刑事事件として扱われるべきかどうか、ということなのではないか。CPCのように、全ての情報が出揃ってからレトロスペクティブに行なう検討とは、質的に異なる問題なのではないか。

産科および救急医療を根幹から揺るがしたこの事件の行く末に、注目をし続けてゆきたい。

以下、共同通信より引用~~~

【2007年5月26日】
大野病院医療事故:鑑定医を証人尋問 癒着範囲めぐり攻防----公判 /福島

 県立大野病院で04年、帝王切開手術中に女性(当時29歳)が死亡した医療事故で、業務上過失致死と医師法違反の罪に問われた同病院の産婦人科医、加藤克彦被告(39)の第5回公判が25日、福島地裁(鈴木信行裁判長)であり、死亡女性の子宮を病理鑑定した医師への証人尋問が行われた。当時の女性の胎盤の状況について、鑑定医は「胎盤が子宮の前壁部分にまで癒着していた」と、胎盤の癒着が広い範囲に及んでいたと証言した。

 鑑定医は、子宮の一部を採取したプレパラートを顕微鏡で観察し、子宮の前壁部分にも癒着の跡が認められたと証言。また「子宮筋層の2分の1程度まで胎盤が癒着していた」とし、弁護側が主張する「5分の1程度」を否定する見解を示した。

 一方、弁護側は鑑定書の補足説明の中で「プレパラートの一部で癒着が認められたら、その標本の採取部位全体に癒着胎盤があるとみなして範囲を推定した」という記述があることを指摘し、鑑定の信用性に疑問を投げかけた。鑑定医はこの日、「同じ標本の中でも癒着胎盤がある部分とない部分がある」とも証言した。【松本惇】

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/475-2d21d137