加計学園疑惑 まとめ 

文春オンラインが加計学園疑惑をまとめている。こちら。

これだけ個人名が出て、この疑惑に果たしたそうした人物の役割が記されているわけだから、万一、この文書が偽物だとしたら、彼ら、それに安倍首相は法的手段に打って出るべきだろう。この文書が真正であるとすると、二重の意味で安倍内閣は総辞職すべきだろう。疑惑への責任、そしてこの文書を虚偽だとした責任である。

このまとめで抜けているのは、元自民党衆議院議員、日本獣医師会顧問の北村氏の証言。彼は、この文書に直接かかわった人物で、文書の内容が本物であることを述べている。これらの文書の真正性を証明するに十分な証言ではないか。

さらに、政府は内閣調査室を使って、この文書の出所を調査し、文科省の元官僚であることをつかんでいるらしい。彼が政府からひどい扱いを受けたので、その仕返しにリークしたというプロットを考えているらしい。元官僚がリーク元であるなら、彼が出てきてこの文書の真正性を証言すべきだろう。

麻生対菅の争いだとか、官僚の安倍政権への逆襲だとかいろいろ面白おかしく報じられているが、問題は安倍首相による政治の私物化である。法治ではなく、人治になってしまっている。それが問題だ。

政府関係者の言葉が軽すぎる。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/4820-29dab9b7