前川証言に対する政府・マスメディアの対応 

前文科省事務次官の前川氏の証言について、政府・官邸は文書の存在は確認できない、安倍首相が指示したという事実はない、と言い続けるようだ。その上、前川氏のスキャンダルを読売新聞に報道させ、菅官房長官は前川氏が事務次官のポストに恋々としていたとか、評判が悪かったとか、人格攻撃に余念がない。官邸によるスキャンダルリークは、前のポストにも記した通り、公安畑出身の人物が画策した。それは、前川氏の証言に対する報復と、恫喝だと、官邸筋も認めたらしい。

前川氏は、スキャンダル報道されても、しっかり記者会見を開き、あの文書が文科省内で作られ、大臣・事務次官へのレクに使用されたことを認めた。国会での証人喚問にも応じると言明した。事務次官は自ら辞任したものであり、そのポストに執着したということはない。「あるもの」をないと言われるのは納得ができないとして、今回の証言・記者会見を行った由。加計学園の獣医学部新設については、基準を満たしておらず、認めるべきではなかったが、内閣府に押し切られてしまった由。

それに対して、内閣官房のやり口はあまりに汚い。権力を持つものが、こうしたやり口を前事務次官とはいえすでに一市民となった人物に対して行ったことをよく記憶すべきだろう。一個人に対して、プライバシーを暴き、恫喝したわけだ。前のポストにも記したが、これと同じことを共謀罪法案が成立した暁には、政府に反対する勢力に対して行う。否、政府はすでにマイナンバーに紐つけされた特定個人の個人情報を、警察に渡していると、国会審議中に明らかにされた。こうした汚いやり口を実行した時点で、内閣・安倍首相は敗北だ。

マスメディアによって報道の仕方が異なる。この問題についてのテレビを主体としたマスメディアの今日の報道姿勢を、リテラがまとめている。こちら。あの個人攻撃記事を書かされた読売新聞の記者は、涙ながらに悔しがっていたそうだ。マスメディアを自らの保身のために動かす政治家は、それだけで失格だろう。我々は、前川証言と加計学園疑惑の真相をしっかり報道したマスメディアには、賛意のメールを送るべきだろう。そうしたメールが100通もあると、かなり意味を持つらしい。でないと、マスメディア上層部を篭絡しにかかっている内閣官房・安倍首相の意向にマスメディアは逆らってまで真実を報道できなくなってしまう。

この問題の本質は、行政が公平でなくなったこと、政治が私物化されたことだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/4846-fd7b72e0