郵便値上げの本当の理由 

日本郵政が大幅な値上げをする。ハガキなぞ20%ほどの値上げだ。この実質的にデフレが続く時代にこれだけの値上げをする理由は、低収益体質の郵便事業で収益を上げるためだそうだ。この値上げにより数百億円の収益増を見込むとある。

だが、この値上げの理由は、オーストラリア物流会社を買収して失敗し、4000億円の減損損失を計上したためなのではないか。その元凶は、東芝も実質経営破たんに追い込んだ西室泰三氏であり、その背後にいるわが国の政府であることを以前のポストに記した。こちら。

日本郵政は、経営の失敗のツケを国民に回してきたわけだ。その安易な経営体質は今後も続く。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/4883-365c3c2e