東京新聞 望月衣塑子記者 

東京新聞 望月衣塑子記者が、菅官房長官に記者会見で食い下がっている様子がブログ『やいちゃんの毎日』で文字起こしされている。この記者会見が発端で、政権があの「怪文書」の再調査を文科省で行うようになったのではないかと言われている。こちら。

望月記者のライフワークは、軍事産業のようで、過日、彼女は雑誌「世界」に世界の軍事産業に関する優れた論考を投稿していた。真実に迫ろうとする記者魂は、他の追随を許さぬものを持っておられる。魂を抜かれたような我が国のマスメディア記者諸氏には、ぜひ彼女を見習ってもらいたいものだ。

東京新聞は、リベラルな立場から優れた記事を多く載せている。ぜひ、東京新聞に望月記者を褒めるメールを送って頂きたい。

今後、ますます政権からマスメディアへ圧力がかかる。そうした偏向の強制に対するマスメディアの抵抗のよりどころは、国民の支持しかありえない。優れた記事を報じたマスメディアには、支持する旨を送りたいものだ。

東京新聞への意見投稿先;こちら。



コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/4960-f4ac9401