ネガティブ思考と思われるかもしれないが・・・ 

先日、英文ブログの方で、CWのラグチュワーが激減していることを記したら、私が悲観的になっているのではないかとWの友人たちに思われたらしく、励ましや、またはスケジュールの申し込みさえも頂いた。私は、現状認識を述べたまでだったのだが、Wの連中には、こんなネガティブなことを書くのは、ひどく落ち込んでいるに違いないと映るらしい・・・。書き方に注意しないと、誤解を招くという一つの例だろう。

で、K8IA Bobが7メガで交信しようとSNSで言ってきた。ようやく間に合って交信。彼は、N7ATというコールでコンテストにactiveな方だ。御年71歳。先日のAACWでコールしたら、歳をとったものだとのコメントが彼からあった。AACWでは、オペの高齢化に改めて考えさせられた様子だった。Bobは、Arizona Outlaw Contest Clubを主宰し、地域のコンテスター仲間とマルチオペでコンテストを楽しんでいるのではないか、と申し上げたら、他のメンバーはHOA(地域の持ち家の組織)の制限で満足なアンテナが建てられないので、彼のシャックで楽しんでもらっている、とのことだった・・・そういえば、AOCCの面々、自宅からの信号をあまり聞いたことがない。アリゾナ等という田舎でも、そんな問題があるのか、と認識を改めた。

翻って、JAでも都市部ではアンテナの制約でHFに出られるハムは、少なくなっている。ここにきて、都市部のHFを壊滅的にする出来事が進行中だ。パナソニックが、東京オリンピックを記念して(?)、例のPLLを規制緩和するように当局に求めているらしい。JA1ELY 草野氏達のPLLに対する行政訴訟は、敗訴したわけだが、一応、PLLの無制限の規制緩和にはブレーキをかける効果があった。だが、メーカーは、東京オリンピックを口実にPLLの商品化を進める積りらしい。そうすると、都市部はおろか、郊外であっても、HFはおそらく使い物にならなくなるのではないだろうか。当局はアマチュア無線、それもマイナーなHFのアマチュア無線なぞ眼中にない。メーカーの金儲けの話には、躊躇せずに乗るはずだ。私も草野氏の行政訴訟の原告に名前を連ねさせていただいた者だが、もうこれ以上抗っても仕方ないような気がする(PLLだけに関しては)。東京オリンピックを口実に、共謀罪法は成立し、憲法まで戦争をできるように改変され、挙句の果ては、PLLも規制緩和である。終りである。

Bobは、ラグチューにも少し出てくるか、と言っていた。だが、何時までそれができるか、が問題だ・・・。いかん、またネガティブ思考と思われるかもしれない・・・だが、これが進行中の現実だろう。

コメント

PLC再燃ですね。
無線に対する情熱もだいぶ無くなってきていて辞め時を模索中です。
PLCでHFが壊滅したら諦めもつきます。
さてどうなりますやら

いやいや、まだお若いのですから、リタイア後の楽しみに無線を取っておかれてください。

PLCが一般化したら、HFは住宅地では使えないことになるでしょうね。でも、ネット回線としては質が良くないはずだと思いますので、どこまで普及するのか・・・。

将来は、SOTAや、海岸線に車で行っての運用とかだけになるのかもしれませんねぇ。残念だけど、JARLにPLLに反対する気概はないでしょう。

話が変わりますが、弟が奥州市に転勤しました。いつか車で訪ねてみたいと思っております。いつかお目にかかりましょう。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5026-1b371a11