FC2ブログ

毎日を感謝しつつ 

田舎暮らしにどっぷりつかり、草むしりや、栽培野菜の世話で過ごしていると、時々は単調な生活に溜息をつくこともあるが、この記事を読むと、恵まれた環境にいることを改めて感謝する気持ちになる。

この調査の結果が本当だとすると、健康長寿の理由は、自分の裁量で仕事ができるということ以外にもありそうだ。農作業なり、庭木の手入れなりをしていると、生き物相手なので生活のリズムができる・・・それを単調だと嘆く馬鹿者もいるわけだが・・・。それに、一番の理由ではないかと思うのが、生き物を相手にしている、大地の上に立って生活していると実感することなのではないか。生きていること、生かされていることを、感じる、感じさせられる。これはコンクリートの上で生活していると感じることのない感覚だろう。それが、自然の生命と自分が同期していることを感じることになるのではないだろうか。

庭の畑では、さまざまな野菜が収穫期に入っている。トマト、ジャガイモ、それにモロッコインゲン・・・。

IMG_3878.jpg

種から育てたマリーゴールドがここかしこで開花し始めた。

IMG_3876.jpg

毎日を、感謝しつつ生きてゆきたいものだ。

以下、引用~~~

農家男性、寿命8歳長い=埼玉県本庄市で調査-健康に好影響か・早大

2017年06月28日 18時43分 時事通信

 首都圏の埼玉県本庄市では専業・兼業農家の高齢者の医療費が農家以外の8割程度にとどまり、特に男性の寿命が農家以外より長いことが分かったと、早稲田大の堀口健治名誉教授と弦間正彦教授が28日発表した。アンケート調査で回答を得た農家の男性の平均死亡年齢は81.5歳で、農家以外の男性より8歳高かった。

 弦間教授は「自分の裁量で農業を営む生活が健康に良いのではないか。会社員などが定年退職後に働けば、健康づくりと医療費削減に役立ち、農業の担い手不足を補うことができる」と話している。

 早大キャンパスがある本庄市は野菜や果物、草花の生産が盛ん。堀口名誉教授らが埼玉県後期高齢者医療広域連合に同市の75歳以上の被保険者の医療費を分析してもらったところ、2014年の専業・兼業農家の男女897人の1人当たり医療費は73万1000円と、農家以外の8258人の91万円の8割だった。

 市内の農協組合員543世帯と非組合員300世帯からアンケート調査の回答を得たところ、1989年(平成元年)以降に亡くなった専業・兼業農家の男性274人の平均死亡年齢は81.5歳で、農家以外の男性183人の73.3歳より8歳高かった。農家の女性223人の平均死亡年齢は84.1歳で、農家以外の女性151人の82.5歳と大きな差はなかった。 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5043-9a78b490