山口敬之氏準強姦罪もみ消し疑惑 

山口敬之氏準強姦罪もみ消し疑惑は、このブログで何度か取り上げた。

被害を受けたと訴える詩織さんは、現在検察審査会に山口氏の不起訴が不当であるとして審査を請求している。

事件の直後から彼女に相談を持ち掛けられてきたジャーナリスト清水潔氏が、文化放送の番組で、この事件の真相を語った。文字起こしされている。こちら。

事件の悪質性はもちろんのこと、強く感じるのは、公権力が恣意的に運用される恐怖である。山口氏の逮捕を取りやめるように指揮した、この元刑事部長は、現在警視庁の組織犯罪対策部長の職にある。共謀罪を担当する部署だ。すでに何度も記している通り、彼は官邸に連なる人物だ。国家権力にとって都合の悪い犯罪を恣意的にもみ消すとしたら、その逆、国家権力にとって都合の悪い人物の犯罪をでっち上げる可能性があるということだ。前川前文科省事務次官の個人情報をマスコミに流したり、官房長官記者会見で官房長官を追及する記者の素性を警察に調べさせたりすることは当然のこと、それ以上のことをするのではないか、という恐れだ。共謀罪という社会に網の目を巡らす手段を入手した警察権力は、国民に牙をむく可能性がある。

詩織さんの勇気ある告発の行方を注視して行きたい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5061-2b6436fb