FC2ブログ

原子力規制委員会委員長の本音 

田中委員長も時には本音を述べる。

若狭湾沿いの10数基の原発の内、一つでもテロ攻撃なり、ミサイル攻撃を受けると、すべてがコントロール不能になる可能性がある。こちら。

すると、西日本は壊滅的に汚染される。ということは、日本が国家として立ち行かなくなることを意味している。

そうなることを田中委員長は知っていて、この発言をしたのではないだろうか。

北朝鮮がミサイル攻撃をしかけてくる可能性は極めて低いと思うが、万一、そうなることになったら、彼らは弾道ミサイルで原発を狙う。その対策は、まったくない、というか立てられない。ミサイル攻撃が予測された場合、「地面に伏せろ」等という無意味な宣伝を政府は行っている。だが、本当の危機については語らない。

以下、引用~~~

田中委員長「ミサイルは東京に落とす方がいい」


2017年07月06日 20時23分 読売新聞
田中委員長「ミサイルは東京に落とす方がいい」
意見交換会終了後、報道陣の取材に応じる規制委の田中委員長(高浜町の高浜原子力防災センターで)

 原子力規制委員会の田中俊一委員長が6日、関西電力高浜原子力発電所がある福井県高浜町での町民らとの意見交換会で、北朝鮮によるミサイル攻撃が起きた場合の原発の対策などを問われ、「(安全対策は万全だが)東京のど真ん中に落とした方がよっぽどいい」などと発言した。

 直後に「冗談です」と付け加えたが、終了後、報道陣から問題視する質問を受け、「不適切だった」と陳謝した。

 意見交換会は、高浜3、4号機が営業運転に入ったことなどを受け、町民や周辺自治体の首長ら約30人が参加して開催された。

 ミサイル攻撃に関する町民の質問に対し、田中委員長は「原発は航空機の衝突に耐えられる安全対策がなされている」と述べた後、私見として「東京への攻撃」に言及。「(北朝鮮のミサイルに)原子炉を狙う精度があるか分からないが、向こう(東京)には何十万人もいる」などとも話した。

 終了後、田中委員長は「戦争は絶対避けてほしいが、戦争になれば原子炉だけの問題ではなくなるとの意味だった」と釈明した。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5073-9168900c