FC2ブログ

再処理施設に、莫大な税金をぶち込む理由 

六ケ所村再処理工場は1993年に建設が始まり、とうに稼働しているはずだったが、完成を4回引き延ばし、現在来年の「完成」に向けて建設が続けられている。だが、これまでの稼働の失敗の経過を見ると、うまく稼働する可能性は極めて低い。

それに、使用済み核燃料を再処理して得られるプルトニウムを用いたMOX燃料による原発発電は、コストとリスクが大きく現実的ではない。同じく、プルトニウムを用いる高速増殖炉も実現の目途はたっていない。こちら参照。MOX燃料は、原発の中性子脆化を引き起こしやすく、もし中性子脆化による原発の爆発事故が起きると、汚染は通常燃料によるものよりも、はるかに深刻になる。

先が見えない再処理、そして成功したとしてもその先にはハイコスト、ハイリスクが待っている。そこに税金を湯水のようにぶち込む。それは原子力村の利権のためでしかない。国民は税金と、電気料金で吸い上げられるだけだ。

以下、引用~~~

経産省が“非公表”指示 再処理工場の建設費増額分
7/18(火) 11:51配信 テレ朝 news

 使用済み核燃料の再処理工場の建設費が7500億円も増えたことを経済産業省の認可法人が正式に公表しなかったのは、経産省の指示だったことが分かりました。

 再処理工場の建設費は新しい規制基準によって7500億円も増え、2兆9000億円と当初の予定の4倍近くに膨らみました。先月30日に国の認可が下りましたが、再処理機構は正式に公表していません。関係者への取材によりますと、経産省の資源エネルギー庁が都議選への影響を考慮したとみられ、機構に対して「6月30日の公表を避けるように」と指導し、都議選の翌日も「会見など大げさにやらないように」と指示していたことが分かりました。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5110-3aa19a19