FC2ブログ

国民の側の問題 白井聡氏の指摘 

安倍政権に対する批判が噴出している。憲法を骨抜きにし、国家主義に変えよういう安倍政権の強烈な意思と強権的手法が、わが国を誤った方向に向かわせていた。それに対する批判である。いわゆるアベノミクスも、当初2年間で結果を出すとしていた、デフレからの脱却も実現せず、莫大な国の借金と、日銀のバランスシートの悪化だけが残った。これも将来の世代が背負わせられる重荷だ。共謀罪法を強権的に成立させる手法、それに森友学園・加計学園疑惑に見られる政治行政の私物化によって、ようやく国民の目が覚めたかに見える。

だが、大きな問題が残る。一つは、安倍政権の受け皿をどうするのか、という問題。もう一つは、5年間近く、この劣化した統治に否を言わなかった国民の中の、政治に無関心な、ないし権力に安易に付く人々の問題である。

白井氏の問題提起は、なかなか辛辣だ。隷従の問題にこそ問題の本質がある、という。

都議選最終日に秋葉原で街頭演説を行う安倍首相に向けられた、「安倍やめろ」という聴衆の声は、ヤジでもなければ誹謗中傷でもない、安倍政権が去った後の受け皿を作るために民進党は解党せよ、としたうえで、白井氏は、この政権を支え続けた国民の側にこそ問題がある、と述べる。以下にその部分を引用する・・・


Yahooニュース 白井聡氏 「轟いた「安倍やめろ」の意味」から後半部分を引用~~~

安倍政権の支持率を支えた核心

 だが、最後の、そして最大の問題は、「国民(有権者)の劣化」にほかならない。安倍政権誕生から5年弱のこの間、政権の支持率は高止まりし続けてきた。それこそが、長期政権の根本理由である。

 支持される根拠については、さまざまな推論がなされてきた。「他に適任者がいないから」「外交成果を挙げているから」「経済が上手(うま)くいっているから」といった理由づけである。その一つ一つには具体的に反論することが可能である。しかし、ここまで続いた高い支持率の根拠はおそらく、こうした具体性の次元にはない。少し考えてみるだけで到底維持し得なくなるはずの「支持理由」が、これまで維持されてきたという事実、そこに事柄の核心があるのではないのか。

 つまり、安倍政権が支持されてきたのは、「~だから」という具体的な理由づけに基づくものではないのだ。具体的理由を全部取り除いたとき、残るのは「政権である」という事実のみであるが、政権支持者たちの日頃の言動から察するに、安倍政権の支持率を支えてきたものの核心は、これである。このメンタリティを「素町人(すちょうにん)根性」と呼んでも「自発的隷従」と呼んでもよい。

 北朝鮮によるミサイル攻撃に備えるための訓練と称して、田んぼのあぜ道で頭を抱えてしゃがみ込んでいる老人の報道写真を目にしたとき、私の胸に去来した最も強い感情は、「哀(かな)しみ」だった。やっていることは、「竹槍(たけやり)でB29」と何も変わらない。おそらくは善良な、しかし、政治に関する事柄になると筋道を立てて物事をとらえることができない人々を喰(く)いものにするこの国の統治様式は、第二次世界大戦の膨大な犠牲を経ても何も変わっていない。

 そして、このような受動的な隷従がある一方で、主権者たろうとする人々や正当な権利主張をする人々に対して、粗(あら)を探し、難癖をつけ、嘲笑するという行為は、安倍政権が続く間に娯楽として定着した。これは、言うなれば、能動的・攻撃的形態による自発的隷従であり、奴隷に許された慰み事である。安倍政権は、このおぞましき群衆と物欲しそうな顔つきでそれに同伴する「知識人」がつくり出す「空気」を、権力維持のために活用してきた。

 われわれの発した「辞めろ」「帰れ」は、この空気の担い手たちにも向けられている。そのような惨めな存在であることを「やめたまえ」、本来人間が在ることのできるはずの在り方に「還(かえ)りたまえ」、と。この声を、それが決定的な成果を挙げるまで上げ続けることが、現在語り得る唯一の、しかし根本的な希望である。

 われわれは、明治維新以来150年続いてきた、奴隷と奴隷主(ぬし)しかいない国の在り方に終止符を打つまで、この声を轟(とどろ)かせ続けなければならない。

※本稿は『サンデー毎日』7月23日号に寄稿したものです。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5119-8f59064d