FC2ブログ

Lorin WA1PGB カリフォルニアに移住 

このブログに何度か登場して頂いている、Lorin Hollander WA1PGBが、MaineからCaliforniaに越してきた。一昨日、昨日と連続して7メガで呼んでくださった。息子さんの住む近くに住むことにしたらしい。Maineの自宅を売却し、ベイエリアの適当なところに落ち着くつもりとのことだ。

彼は以前にも紹介した通り、11歳でカーネギーホールでデビューリサイタルを開催したプロのピアニスト。今回の引っ越しは、完全なリタイアをしたうえでの決断だったようす。もう80歳台半ばだろうから、リタイアする時期として丁度よかったのかもしれない。VK3XU Drewから、音楽家でCWを愛するハムがいる、と聞かされたのが10年前のことだった・・・お互いに歳をとったものだ・・・。

彼は、昨日、私の英語のブログを端から端まで読んでくださったとのこと。音楽とCWの類似性、我々を繋ぐインターフェースのような働きをしている、と言う。

シューベルトの幻想曲ヘ短調を聞いたことがあるかと尋ねられた。鍵盤楽器の音楽は、あまり知らないものが多く、その曲もそうしたものの一つだと答えた。Youtubeに録画したその曲の演奏、彼と年若い奥様によるもの、を送ってくださった。シューベルトの死の年に作曲され、当時音楽教師をしていたエステルハージ候のお嬢さんに叶わぬ恋をして作曲したとあるが、いやぁ、暗い曲だ。ときに、生きようとするエネルギーを感じるが、同一の暗い動機、メロディが続く。「冬の旅」に連なる作品と言えるのかもしれない。そんなことを思いながら、早朝目を覚ましたところで通して聴いた。お礼のメールを差し上げた。



現在滞在中の場所にもレッドウッドの大木があるので、何とかワイアーをひっかけてアンテナにしたいと考えている様子だが、奥様から正気なのと言われている由。パチンコでワイアーをひっかける方法は、枝にワイアーが絡まりそうなので、ドローンを使うことを考えている由・・・。音楽好きの方、ぜひLorinと音楽、CW談義をなさったら如何。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5124-e550539f