FC2ブログ

一杯食わされた柳瀬元首相秘書官 

柳瀬元首相秘書官、昨日の閉会中審査で、民進党桜井充議員に一杯食わされていた。

桜井議員が、柳瀬氏に、以前会ったことを述べると、桜井議員が財務副大臣の時代に宴会で一緒になったことを、柳瀬氏は述べた。それは、7、8年前のことだ。

で、桜井議員は、じゃあ2年前のことは覚えているはずだ、と突っ込んだのである。今治市の情報公開によれば、2年前、今治市の担当課長が異例の扱いで、首相官邸に招待された、そこで対応したのが、当時首相秘書官であった柳瀬氏だったとある。柳瀬氏は、今治市の国家戦略特区申請が上首尾に運んでいることを、今治市の課長たちに述べ、今治市はお祭りムードだった、という。
加戸元愛媛県知事の証言にもある通り、今治市の獣医学部事業主体は、加計学園に決まっていた。

その面会を、柳瀬氏が記憶にないと突っぱねていることを、桜井議員は皮肉ったのだ。これで、加計学園疑惑の外堀はほぼ埋められた。首相秘書官が、今治市に、その国家戦略特区が公式に認められるはるか前に、ゴーサインを出していたのである。これは、今治市・加計学園への特別扱い以外の何物でもない。その特別扱いは、首相官邸、安倍首相自身による。

国家戦略特区は、これまでの経済特区制度で竹中平蔵等が利権をほしいままにしたのと同様に、特定個人・組織への利権誘導制度として機能している。

桜井充議員、私の大学の後輩なのだが、良くやったぞ 笑。

以下、引用~~~

加計学園疑惑でポイントの一つだったのは、今治市の課長クラスが、15年4月に首相官邸を訪れて、誰かにあっていたということ。

今治市側の記録から、その疑問が解明された。こちら。

地方自治体の課長クラスが官邸を訪れる普通ありえない。今治市が国に国家戦略特区での獣医学部新設を提案する2カ月も前のことだ。

首相官邸で会ったのは、経産省出身の柳瀬唯夫首相秘書官(当時)。柳瀬氏は今治市の担当者ら少なくとも3人と会い、『希望に沿えるような方向で進んでいます』という趣旨の話をしたらしい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5129-a5c461ca