FC2ブログ

Roy WA2SON 

今夜は、北米が14メガでしっかり入感していた。1時間弱の長話の相手は、Roy WA2SON。それほど頻繁ではないが、1年に1,2回交信を続けてきている知り合いだ。

彼は、先日のBS7HでDXCC全エンティティを交信し終わったらしい。しばらくすると、また誰かが、新しいエンティティを見つけ出すことだろうが・・・とのことだった。

solsticeの月、6、12月はCONDXが悪いが、equinoxの月、3、9月は良いCONDXになるとも言っていたが、なるほどと思える観察だ。75Wに3エレトライバンダーというので、ベアフットでDXCC全エンティティを完成したのかと問うと、そう言いたいところだが、AL80Aという3-500Zシングルのアンプを持っていて、ローバンドでは活躍しているとのことだった。

話は、無線のことから、生活に及ぶ。彼は3年前に、あちらの郵便局(というのか、公社というべきなのか)から退職したらしい。あちらの郵便局は、20年前に公社化されたようだが、その時に、従来の政府の年金か、政府の関与しない年金かを選択した。彼は、政府の年金を選択したそうだ。インフレに追随するシステムになっているので、助かると言っていた。

興味深かったのは、医療保険の問題。彼の入っている保険は、月当たりの支払額が75ドルと安価なのだが、医療を受けられる期間の限度がある・・・その限度は、個別の保険で異なる・・・自分の保険はどうだったっけ・・・といった具合であった。癌等の長期療養を要する疾患に罹ると、一定期間を過ぎると医療費がすべて自己負担になるようだ。そのために、自己破産する人が多くいるとのことであった。長期間、医療費をカバーする保険は、高価で手が出ないとのことだった。彼の保険は、歯科診療はカバーしないので、現在受けている歯根治療の費用は、自費で払わなければならない、新しいリグ一台分が飛んじゃうよ、と言って笑っていた。

アメリカの医療保険の問題は、保険に入れぬ人が沢山いることだとのことだった。

私と同世代のRoy、今度は何時会えるか。健康な退職生活を過ごして欲しいものだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/521-90c28c70