「電鍵が壊れている」 

昨夜遅く寝る前に、7メガを一通りワッチし、一度CQを出した。すると、Benny K5KVからコールがあった。午後11時過ぎていたが、まだ結構強い。夏至から2か月近く経ったことを改めて思った。

彼は、Don WB6BEEが14メガでドイツの局と交信しているのをワッチしていたらしい。で、そのドイツの局曰く、「あなたの電鍵が故障している」。Donはご存知の通り、バグキーマニアで、毎月コレクションのなかから異なるバグキーを取り出して運用している・・・これはあからさまにはDonに言えないのだが、バグキーによる差異は余りない。

そのドイツの局にとっては、バグキーによるキーイングが乱れており、親切心から「電鍵が故障している」とDonに注意したのだろう。Donが、どのように答えたかは分からないが、Bennyが聞いた限りでは、その後Donはできるだけ整った符号を打つようにしている様子だったとのこと。

Donのようにバグキーでの通信を愉しんでいる方はあまりいない。彼はバグキーが生み出す符号を愛しているのだ。そのドイツのおそらくニューカマーのコメントを聴いて、どんな感想をもったやら・・・彼らのやり取りを想像して、思わず声をあげて笑ってしまった。

だが、少し考えると、CWの世界がそれだけ縮小してきている、CWの芸術的な技を理解できるハムが減少している、ということだ。FOCの中でさえ、バグキーキーイングは、邪道だとまでは言わないが、好ましくないと堂々と述べるメンバーもいるほど。やはり、CWは廃れ行く技能なのだろうか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5215-0f634e65