小池百合子の正体 

小池百合子の正体が、過去の彼女の発言から明らかにされる。こちら。それに、リテラも特集をしている。こちら。希望の党に吸収された、「にほんの心を大切にする党」というカルト的な集団と似た臭いがする。

過去に対しては・・・歴史修正主義

近隣諸国との関係では・・・近隣諸国へのヘイト、排外主義

基本的人権へのスタンスでは・・・自民党改憲案を熱烈支持、これは基本的人権を憲法により制限する立場

軍事については・・・軍事オタク、核武装論(こんな小さな島国で、国家財政に全く余裕のない国が核武装をして、大国と対峙できると考える政治的なセンスのなさが際立つ)

内政については・・・経済格差を放置・拡大する、外国人選挙権・夫婦別姓反対等社会的な分裂を促す、安倍政権の軍国化を安倍以上に推進・支持してきた(だから、安保法制支持を「踏み絵」にしている)、立憲主義の否定

政治的なスタンスでは・・・まさに風見鶏、権力への強烈な志向(民進党を分裂させ、その政党資金を奪取しようとするやり方は、えげつなさを超える)

原発については・・・推進派だったはずだが、希望の党を立ち上げると、それを原発ゼロにさっさと置き換える変わり身の早さ。

こんな人物が、野党第一党党首になる?自民党と第一党、第二党を分け合うと、小池は、自民党と野合するはず。何となれば、小池ほどの自民党員らしさを持つ人物はおらず、権力のためなら野合も何でも行う人物だからだ。

安倍晋三とは、思想信条、政治行動において兄弟姉妹のようだ。

彼女のような政治家しか、自民党の受け皿を立ち上げられないとすると、日本の国民にとって大きな不幸だ。

リベラルの進歩的な政治家は、立憲主義、民主主義によってたつ政党を立ち上げるべきだろう。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5345-046d312d