FC2ブログ

水俣病 

水俣病という病名を耳にすると、一種の感慨を抱く。私が、大学医学部に入学した頃、水俣病が公害病として認められた。教養部の自治会委員長(といっても、ノンポリのナンチャッテ委員長だったのだが)にさせられて、学園祭に何か催しをすることになった。水俣病に関心のあった、私は、同じ関心を持つ友人達と相談して、熊本大学で水俣病に取り組んでおられた、原田先生をお呼びし、講演をして頂くことにした。

その準備のために、当時順天堂大学にいらっしゃった、神経内科の平山先生に指導して頂いて、水俣病の新しい文献を調べた。まだ医学の専門教育を受けておらず、どれだけ理解できたのだったろうか。それでも、夏休みに、友人と図書館に何度も通い、文献の抄録を記録していった。視野狭窄・知覚異常・小脳症状等々について、少しずつ理解を深めていくことが出来たような気がする。

秋の後援会、せいぜい数十名の聴衆であったが、原田先生の講演に熱心に耳を傾けてくださったような記憶がある。わざわざ熊本からお出でくださった原田先生、その他御指導くださった平山教授等々多くの方に支えられた出来事だった。

水俣病の未認定患者の方々の問題がまた世間の注目を集めている。あれ以来、水俣病は、私の視野から外れてしまっていた。水俣病が発生してから半世紀以上経つ。これまで、十分な補償も受けられず、苦しみ続けてきてこられた方がまだ多くいる。そのような方々に、大学時代に関心を一時は抱きながら、何もして差し上げられなかった。文献に当たるだけでなく、水俣に足を運び、患者さん達にお会いすべきだったのではないかと反省している。この講演会を主催して後、関心を持ち続けることもしなかった。申し訳ない気持ちだ。

チッソという企業は、今でも水俣病の方々への補償を続けているようだ。が、企業の財務状況を見ると、かなり利益を上げているようだ。さらに、国にも不作為の責任があるだろう。国とチッソは、共に未認定患者の方々にもより大きく温かな手を差し伸べるべきだろう。

私も、水俣病の方々に若い頃の関心を再び持ち続けて行きたいと思っている。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/538-76a97a18