望みをもって選挙にコミットしよう 

岩上安身氏のtwitter発言、この通りだと思う。若年層に自民党支持が多いと聞く。彼らは、今積みあがっている国の負債、自己責任に帰せられる医療介護、そして軍拡に伴う徴兵制、ないし徴兵制類似の強制的な兵役が課せられるはずだ。それを、周囲の若い方々、お子さんを育てている方々に伝えてゆきたい。

自公圧勝の予想が出揃い、凹んでしまったあなた。世論調査のトリックに気づこう。現段階で、小選挙区で54.4%、比例で47.2%の人が投票先未定と答えている(共同通信)。大半の人がまだ投票先を決めかねているのだ。あと10日間もある。真の争点がまだわからない人もいる。勝負はこれから。

白井聡氏は、この発言に対して、希望の党の選対が殆ど機能していない、選挙後に同党は崩壊する可能性もあると述べている。国民とマスコミから逃げまくっている党首の党に勝たせるわけにはいかない、とも。

周囲の方に、この選挙がどのような意味を持つのか、是非伝えてゆきたいところだ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5389-5bd059ea