FC2ブログ

訃報 Bob W7AYN 

昨日、Ron WA7GILからメールがあった。Bob W7AYNの訃報だった。Bobは、心筋梗塞の発作を二度起こし、二度目の血管造影の造影剤で、わずかに残っていた腎機能が廃絶。以前から準備していた、腹膜透析を行うようになったらしい。回復の兆しは見られたらしい。だが、アイスクリームを口にしようとして、その時に突然亡くなられた様子。きっと致死性の不整脈に襲われたのだろう。激しい痛み等に長時間苛まれることなく亡くなったのは、せめてものことだったろう。

彼のことは、以前にアップした。こちら。そこでも述べたが、彼のバグキーによるキーイングは、本当に芸術的なものだった。FT817ベアフットに、軒よりもちょっと高いだけのロングワイアー。それで、バンドが開けると必ず聞こえた局だった。1980年代、私が無線にカムバックしてから夕方の7メガでしばしばお目にかかるようになった。この20年間ほどの間、2年ほど前に、引っ越されるまでは、数日に一度程度定期的にお目にかかった。毎年暮れに、クリスマスプレゼントだといって、アリゾナの風景写真のカレンダーを毎年送ってくださった。

2年前に、お子さんの家の近くに引っ越してから、アンテナが建てられなくなり、ガレージ内に小さなマグネチックループを設置してオンエアーを続けておられた。さすがに交信するのは厳しく、昨年春に一度だけ、コールをようやく取れるだけの信号で交信しただけだった。アンテナのグレードアップについてメールで何度か助言めいたことを彼に書き送った。夜間だけ、庭に釣り竿を建てたらどうか、とか・・・。でも彼は、室内アンテナを使い続けると決めていたようだ。Ronによると、最近、体調を壊されるまでは、サイズを大きくしたループを作る予定になさっていたとか・・・。

彼は、病との闘いの連続で、引っ越しをする前の数年間は、毎月のように新しい病気に見舞われていた。だが、気丈に一つ一つの病を乗り越え、無線を愉しみ、お孫さんの面倒を看ることに精を出しておられた。家族関係でも問題を抱えておられたことも多少伺ったことがある。まだ無線で話しをさせて頂きたかったと思う反面、本当にご苦労様でしたと彼には申し上げたい気持ちである。彼にとって、死が救いであったことを祈りたい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5429-e18c438e