FC2ブログ

年金支払いの問題 

宙に浮いた年金の支払いに関する方針を第三者委員会が示した。国民年金・厚生年金共に、国民の側に立った方針とは言える。

この方針に沿って、年金が支払われることに反対はしない。特に、年金をもらえるかどうかというボーダーにある方にとっては、時間をかけずに、年金支給を受けられるようになることが大いに結構なことだ。

しかし、「安易に」第三者委員会が年金支払いを認めることが、官僚・政治家の免罪符になっては困る。現在の年金は、積み立ての性格は少なくなり、賦課方式となっている、即ち、現役世代が、年金受給者を養う形式になりつつある。証拠の無い、年金支払いを、無定見に認めることは、結局国民にツケガ回されることになる。こうした事態になった責任の所在を、明確にしてもらわなければならない。

年金支払いの大盤振る舞いによって、官僚と政治家が免責されるわけではない。これが単に選挙前のポーズであったとしたら、暴動を起さなくてはなるまい。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/543-6d22f1b9