FC2ブログ

理性への懐疑・官僚の支配 

反ケインジアンの泰斗、ハイエクは、理性によって、市場をコントロールすることは困難だとして、市場への政府の関与は行なうべきではないと主張した。

わが国の俄仕立ての、市場主義者たちには、理性の力への懐疑、ないし慎み深さが感じられない。ホリエモンの腕を掲げて、市場主義の申し子と持ち上げた、学者上がりの政治家もいたような・・・。トンでもない楽観主義の外観を纏った利己主義・・・。

それのインフラストラクチャとして、がっしりと社会に張り巡らされた、官僚による支配構造。市場主義の政治と、この官僚の支配構造が、協同すると、強者の論理に貫かれた体制が出来上がるのではないだろうか。すでに、それが出来上がりつつあるのではないだろうか。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/544-0e265914