FC2ブログ

森友・加計疑惑は終わらず その2 

安倍首相は、森友学園疑惑については、同学園元理事長夫妻の補助金不正取得の解明だけで蓋をする積りだ。元理事長夫妻は、今も拘留され続けている。一方、政府は、国会審議は来年1月まで行わない積りらしい。森友・加計疑惑について、丁寧に説明するという安倍首相の言葉は、嘘だ。今回の選挙も、森友・加計疑惑隠しのために行われた。税金がそのために600億円浪費された。

繰り返すが、この疑惑は、卑小なスキャンダルではない。行政の公平性を蔑ろにして、安倍首相の取り巻きにだけ利益を誘導する、法治主義への挑戦だ。これを許したら、安倍首相は、法律・憲法を無視して、国家経営を自分の思う通りに行う。

自民党が目指す改憲の最大のポイントは、非常事態条項の導入だ。安倍首相に憲法・法律を超える絶対権力を与えようということだ。どのような社会になるか、予測がつきそうなものだ。森友・加計疑惑で行われた人治による不正が、通常のこと、日常になる。お隣の独裁国家を笑ってはいられない。

従って、森友・加計疑惑は、徹底して追及する必要がある。

以下、引用~~~

森友への値引き6億円過大
国有地売却、会計検査院が疑義

2017/10/26 05:35
©一般社団法人共同通信社

 学校法人「森友学園」に大阪府豊中市の国有地が、ごみの撤去費分として約8億円値引きされて売却された問題で、売却額の妥当性を調べていた会計検査院が撤去費は2億~4億円程度で済み、値引き額は最大約6億円過大だったと試算していることが25日、関係者への取材で分かった。

 官僚の「忖度」が取り沙汰された問題は、税金の無駄遣いをチェックする機関からも、ごみ撤去費の積算に疑義が突き付けられる見通しとなった。検査院は関連文書の管理にも問題があったとみており、売却に関わった財務省と国土交通省の責任が改めて厳しく問われるとともに政府に詳しい説明を求める声が強まるのは必至だ。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5442-f836f698