FC2ブログ

「人質司法」 

籠池氏夫妻が逮捕されてから4か月弱になる。勾留され続け、家族との面会も禁止されている。

長期勾留は、建前では、証拠隠滅・逃亡の恐れがある場合だけ認めらることになっている。が、自白第一主義のわが国の警察司法では、長期勾留が頻繁に行われている。この番組にも出てくるが、裁判所が勾留を認めないのは、たった3.9%だという。

籠池氏夫妻は、国と大阪府の補助金を不正取得したとして逮捕・起訴された。起訴が行われた時点で、検察は公判維持に必要な証拠を得ているはずだ。長期勾留の理由は、検察にはない。

籠池氏夫妻が、黙秘を続けていることが長期勾留の理由の一つなのだろうが、自白偏重は冤罪の温床だ。もう一つ、重大な疑惑がある。やはり森友学園疑惑について、彼らが自由に述べることを、首相官邸が嫌っていることも理由なのではないか。

この番組の最後に周防監督が述べているが、この「人質司法」の問題は、人権の問題である。この問題を自分の問題として考えなければ、制度は変わらない。人権を否定するこうした司法制度を変える必要がある。この「人質司法」の背後に、政治的な意図があるとしたら、安倍首相は徹底的に追及されるべきである。

TBS週刊報道LIFE 19日の報道 「人質司法」 必聴である。

こちら

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5534-9bac8d84