FC2ブログ

教育無償化にも不幸の均霑の原則 

教育無償化は、憲法改正しなくてもできる。

憲法改正を国民から受け入れやすくするために、教育無償化を自民党は言いだした。

そして、高等教育無償化は、高卒で働く者と公平を考えて、無償化への異論が自民党内部で多勢を占めている、と下記の報道にはある。まさしく、「不幸の均霑」である。

自衛隊を国軍と位置づけ、海外派兵を自民党は目論んでいる。すると、徴兵制ないし奨学金等をからめた徴兵制に近い制度が実施される可能性が高い。

徴兵制の対象は、「不幸の均霑」で徐々に広げられてゆく。それが、第二次世界大戦末期のわが国の状況だった。同じことが、この教育費だけでなく、徴兵制で再び行われる。

以下、引用~~~

憲法改正案「教育無償」明記せず…自民方針

2017年11月25日 06時00分 読売新聞

 自民党は、大学などの高等教育を含めた「教育無償化」について、憲法改正案に「無償」という表現自体は盛り込まない方針を固めた。

 代わりに、国に教育費負担を軽減するよう努力義務を課す条項を設ける案が有力だ。大学などの無償化には、党内に異論が多いことを踏まえた。

 憲法26条2項は義務教育を「無償」と定めており、教育基本法などに基づき、国公立の小中学校(9年間)の授業料は徴収されない。党憲法改正推進本部は高等教育を中心に、無償の範囲を広げるべきか検討してきた。

 憲法に「無償」と明記すれば、国公立の大学や幼稚園での授業料徴収は憲法違反になる。だが、推進本部の議論では、大学の無償化には「高卒の労働者との公平性が保てない」と反対論が大勢を占め、幼児教育の無償化明記を求める意見もなかった。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5548-d9c0ac30