FC2ブログ

Confederate Soldier's Prayer  

ブログ座位の夢想経由、志村建世のブログで、ある詩を知った。こころを打つ、素晴らしい詩なので、ここに転載させて頂く。座位さんのブログに訳詩も掲載されている。

米国の南北戦争で重傷を負った兵士の記した詩だそうだ。

こうした気持ちを少しでも持つことが、よりよく生きることに繋がるのだろう。病を得て、初めて生きる意味を知るという消息を改めて教えていただいた。

以下、引用~~~

Confederate Soldier's Prayer

I asked God for strength, that I might achieve,
   I was made weak, that I might learn humbly to obey.

I asked for health, that I might do greater things,
   I was given infirmity, that I might do better things.

I asked for riches, that I might be happy,
   I was given poverty, that I might be wise.

I asked for power, that I might have the praise of men,
   I was given weakness, that I might feel the need of God.

I asked for all things, that I might enjoy life,
   I was given life, that I might enjoy all things.

I got nothing I asked for --
   but everything I had hoped for.

Almost, inspite myself, my
   unspoken prayers were answered.

I am, among all men,
   most richly blessed.


Anonymous Confederate Soldier.


コメント

はじめまして

いつも、拝見させていただいております。
「病者の祈り」ですね。
ニューヨーク大学病院のリハビリセンターの入り口の壁に、この「祈り」が掛かっているそうです。

konakiさん

情報をありがとうございました。明らかに、この詩の背景にはキリスト教信仰があるように思われますが、キリスト教の信者でなくても、納得させる力を持った詩であるように思いますね。

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/555-6b23ca3d