FC2ブログ

原発への攻撃 

イェメン紛争の反元大統領派フーシ派が、元大統領を支援するサウジ連合のUAEの原発を攻撃した。

いよいよ、原発への攻撃が現実となった。フーシ派の述べる攻撃によって原発が破壊されたかどうかは別にして、攻撃したことは事実なのだろう。

米国が、イスラエル大使館をエルサレムに移すことを検討しているという。これは中東情勢を不安定化する大きな要因になる。

原発攻撃が実際に行われたことで、朝鮮半島有事の際に、我が国の原発が攻撃対象になることが現実問題として浮かび上がった。繰り返し述べている通り、若狭湾沿いの原発銀座が攻撃されたら、わが国は立ち行かなくなる。

パンドラの箱は開けられた。

以下、引用~~~

建設中の原発にミサイル?=シーア派組織主張、政府は否定

2017年12月03日 22時29分 時事通信

 【カイロ時事】イエメンのイスラム教シーア派系武装組織フーシ派は3日、アラブ首長国連邦(UAE)西部で建設中のバラカ原子力発電所に向けて巡航ミサイルを発射し、「標的に命中させた」と主張した。ただ、UAE政府は国営通信を通じ「ミサイル発射の情報は虚偽」と否定している。

 フーシ派は、イエメン内戦に軍事介入しているサウジアラビアと敵対。サウジ各地へ弾道ミサイルを繰り返し発射し、11月初旬には首都リヤドの国際空港を狙ったミサイルが迎撃されている。サウジ主導の連合軍に参加するUAEのドバイも標的にすると警告していた。 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5578-aecb9660