FC2ブログ

看護師配置基準に関して、はしご外しが行われる 

入院患者七人に対して、看護師を一人以上配置(7:1配置という)すれば、その医療機関には高い診療報酬を支払うという医療政策を、厚生労働省は2006年に実施した。

7:1配置が一旦実施されると、そうでなくても経営の厳しかった大都市の大病院は、なりふり構わず看護師を集めにかかった。東京の某大学病院など、看護師に様々な特典を与えて、しゃにむに看護師を集めまくっていた。苦笑せずにおれなかった。そのおかげで、地方の中小医療機関は、看護師不足に陥った。大混乱である。

その騒ぎが収まらないうちに、今度は、7:1配置を実施した医療機関への診療報酬を引き下げるという。これで、看護師の集まらない地方の中小医療機関だけでなく、多くの看護師を抱えた医療機関は、経営が厳しくなることだろう。

これを、厚生労働省官僚による「はしご外し」の術という。

「はしご外し」が行われることを見越していても、経営が元来苦しい医療機関は、厚生労働省の誘導策にまんまと乗る。これまでに、「はしご外し」の行われた例は、皆挙に暇がない。

厚生労働省は、意図的に「はしご外し」をしているのだろうか。それとも、朝令暮改は、意図せずに、担当者が変わるたびに、自らの実績作りのために行っているのだろうか。

いずれにせよ、医療機関は大迷惑である。恐らくは、こうした朝令暮改によって、閉鎖に追い込まれる医療機関が数多く出てくることだろう。そのツケは、やがて国民に回されることになる。

日本の官僚は優秀だという私の先入観は大きく崩れつつある。

以下、NIKKEI NETより引用~~~

入院の診療報酬に新基準・08年度改定、厚労省方針
 厚生労働省は、患者が入院した場合に病院に支払う診療報酬を見直す方針だ。現在は看護師が多ければ診療報酬も高くなる仕組みだが、患者の看護の必要度に応じた数値基準を新たに導入。看護の必要がないのに多くの看護師を抱えている場合には診療報酬を引き下げる。2008年度の診療報酬改定で実施する考え。

 現行制度の入院基本料(一般病棟)は、看護師数を基準に原則4段階に分かれている。看護師1人あたりの患者が15人の場合は1日当たり9540円だが、患者7人なら1万5550円に増える。患者の病状にかかわらず看護師を増やし高い診療報酬を得ようとする病院が急増。医療費増や地方や中小の病院での看護師不足につながっていた。 (07:01)

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/560-8f6d851c