FC2ブログ

Turina ピアノ四重奏曲イ短調 

この曲を演奏している団体、Camerata Pacificaは、カリフォルニア州サンタバーバラに本拠を置く室内楽を演奏する音楽家たちの集団。このチェリストが、アンサンブルの中心で音楽を作り出している。

サンタバーバラは、太平洋に面する美しぃリゾート地。そう、Merle K6DC、それにW6GTI、W6THN等がかって住んでいた町だ。

この曲を作曲したTurinaは、前世紀の前半に活躍したスペインの作曲家。フランスで音楽教育を受け、フランス近代の作曲家たちから大きな影響を受けた。しかし、スペインの民族音楽を音楽の核として、この曲のように美しいユニバーサルな音楽を作曲した。

この曲は、イ短調という悲しみの調性でありながら、晴れ渡った青空を思わせる音楽だ。弦がユニゾンで動くことが多い。時に、単一の弦楽器が、recitative風に旋律を奏でる。まるで独白しているかのようだ。そして、そこかしこに、洒脱な旋律と旋律の受け渡しを聴くことができる。この1楽章の終わり方なぞ、あっと思わせる。繊細さと、親密さが全曲を通して流れている。

帳の降りた夜、ワインを片手に、耳を傾けるのに格好の音楽。こちら。

Merleや、他の友人も、すでに亡くなってしまった。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5620-ab8c7003