FC2ブログ

異形のトランプ政権 

トランプ大統領、同政権は、いよいよ迷走を始め、異形の姿を現しだした。

ロシアのプーチン大統領が、CIAからの情報提供によってロシア国内のテロが未然に防げたとして、米国に謝意を表した。これだけ聞くと、諜報機関同士の連携でうまくテロを防げた、良かったという感想を抱きそうだが、強い違和感を覚える。諜報機関の情報のやり取りを、公表するものなのか、公表するとしたら、何か意図があるのではないか。その意図とは、ロシアゲートで苦境に陥っているトランプ大統領の援護射撃だ。強権的なプーチン大統領に手助けされる米国政権が生まれるとは、予想だにしなかったが、現実になっている可能性がある。本当に、CIAとロシアの諜報機関の間で連携があったとすると、それ自体、大きな問題だろう。諜報活動の裏を、「敵」に明かすことになるからだ。トランプ大統領は、そうでなくても中東情勢に関して重大な秘密事項をロシア側に漏らしたと批判されている。米国にとっては、大きなリスクだ。

米国国内で、行政機関に対して、特定の言葉を予算請求に際して用いるな、とトランプ大統領は指示したらしい。climate change,
transgender, diversity, vulnerable, evidence or science basedといった語彙である。自然科学の知見を否定し、さらに少数者への政治的配慮を行わないと言明したに等しい。トランプ政権は、alternative factを前面に押し出すのだろう。自由で多様性を重んじ、科学的真理を貴ぶ米国の精神を、トランプ政権は、否定し去ろうとしている。これは、米国の国内を混乱に陥れ、大きな軋轢を生むことになる。それに対処するためにも、トランプ大統領は、対外的に軍事優先の外交を行うことになる。

そのトランプ大統領に何を言われても追従笑いを浮かべて、付き従っているのが安倍首相だ。北朝鮮を先制攻撃することは決して認めないという韓国大統領と対照的だ。安倍首相は、北朝鮮への米国による先制攻撃に否を言わないばかりか、米国に付き従う積りでいる。まさに米国が、皇祖皇宗になったかのような対応である。第二次世界大戦で皇国史観と、国家神道が、我が国を廃墟としたのと同じことを、安倍首相は行おうとしている。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5629-c973ff63