FC2ブログ

たばこの「損益計算」 

たばこによる健康被害が、医療費ベースで1・5兆円に達するという記事。

これだけの被害が出ているのに、財務省はたばこ税を大幅に増やすという政策を取らない。その理由の一つは、その税金をある程度確保したいとの思惑があるのだろう。たばこがあまりに値上がりしてしまい売れなくなると、税収が減る、それを望まないということだ。

もう一つ、よりブラックな事実だが、禁煙が広まることで、国民の寿命が延びる、すると年金など社会保障の需要がさらに増える、ということもあるのではないか。医療社会学のテキストの一つに、その可能性が記されていた。今後、年金財政はさらに厳しさを増すはずなので、この推測もあながち誤りではないだろう。

喫煙する本人、周囲で受動喫煙に晒される人々が、健康被害にあって苦しむことを考えたら、たばこはすぐにでも止めさせる方向に政策の舵を切るべきなのだが・・・。

以下、引用~~~

たばこで医療費1・5兆円 がん、脳卒中、心筋梗塞で 厚労省研究班
18/01/15 記事:共同通信社

 たばこが原因で2014年度に100万人以上が、がんや脳卒中、心筋梗塞などの病気になり、受動喫煙を合わせて1兆4900億円の医療費が必要になったとの推計を、厚生労働省研究班が15日までにまとめた。国民医療費の3・7%を占めるという。

 05年度の推計と比べると、喫煙率の減少に伴い1千億円余り減少した。ただ受動喫煙に関しては、因果関係が判明した心筋梗塞や脳卒中の患者を新たに対象に加えた結果、医療費が倍以上の3千億円超に膨らんだ。

 研究班の五十嵐中(いがらし・あたる)・東京大特任准教授は「脳卒中などの循環器系の病気は、たばこの対策を取れば比較的早い効果が期待できる。受動喫煙の防止策を早く進めるべきだ」としている。

 研究班は、たばことの因果関係が「十分にある」ことが分かっている、がん、脳卒中、心筋梗塞などの病気に着目。これらの病気の治療に使われた40歳以上の人の医療費や、たばこによる病気のなりやすさに関するデータを基に試算した。

 その結果、喫煙で1兆1700億円、受動喫煙で3200億円の医療費が発生したとみられることが判明。患者数は喫煙が79万人、受動喫煙が24万人だった。

 喫煙者では、がんの医療費が多く、7千億円を超えた。心筋梗塞をはじめとする虚血性心疾患や脳卒中などの脳血管疾患の医療費も、それぞれ2千億円だった。

 受動喫煙では、がんによる医療費が300億円。虚血性心疾患は1千億円、脳血管疾患は1900億円と推計した。

 経済的な損失額も試算。病気による入院で仕事ができなくなったことによる損失は喫煙と受動喫煙を合わせて2500億円、勤務中に喫煙するために席を離れることによる損失は5500億円と見積もった。

 ※たばこと健康リスク

 喫煙者が吸うたばこの煙には約70種類の発がん性物質があるとされ、受動喫煙で周囲の人が吸い込む副流煙にも発がん性物質やニコチンなどの有害物質が数多く含まれている。厚生労働省のたばこ白書によると、喫煙者がなりやすい病気には、肺がんや胃がんなど多くのがんや、運動時の呼吸困難を引き起こす慢性閉塞(へいそく)性肺疾患、脳卒中があり、妊娠中では低出生体重児の原因になる。受動喫煙では脳卒中や肺がん、心筋梗塞になりやすくなるほか、乳幼児突然死症候群の危険が高くなる。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5714-c186c70b