FC2ブログ

雇用における不幸の均霑を目指す安倍政権 

安倍首相の国会での施政方針演説の一節・・・

『長年議論だけが繰り返されてきた「同一労働同一賃金」。いよいよ実現の時が来ました。雇用形態による不合理な待遇差を禁止し、「非正規」という言葉を、この国から一掃してまいります。

「非正規雇用を一掃するのではなく、「非正規」という言葉を一掃する」というところがミソである。

正規雇用の労働条件を非正規のレベルに一致させる、不幸の均霑を実現することを、安倍首相は述べているのだ。

高度プロフェッショナル制度は、当初1000万円超の年収の労働者にだけ適用するが、すぐに経団連の希望する年収400万円の線にまで引き下げる。大半の労働者が、時間外給与なしに過労死ラインぎりぎりで働かせられるようになる。

裁量労働制の拡大は、対象が「企画業務型」の職種だが、その定義は曖昧であり、年収の縛りもない。これも対象が拡大され続ける。

非正規雇用を正規化することを本当に考えているとしたら、これまで安倍政権で非正規雇用を少なくする方策が採られてきたはずだ。だが、その方策は取られず、非正規雇用が増え続けてきた。むしろ、非正規雇用を正規雇用にするのではなく、非正規雇用の「雇止め」が起きている。

繰り返す、非正規雇用を一掃するのではなく、正規雇用の労働条件を非正規雇用に合わせることにより、非正規雇用という「言葉」を無くす、というのが安倍首相の方針なのだ。

追加;安倍首相は、残業時間上限を引き下げると述べているが、残業規制のない裁量労働制の対象を際限なく広げれば、残業時間上限等関係なくなる。

この種のマヤカシで散々騙されてきた国民は、さらにここで騙されるのか?

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5748-63e715ba