FC2ブログ

三浦瑠麗 「日本に平和のための徴兵制を」 

最近、三浦瑠麗という「評論家」がテレビによく出てくる。安倍首相シンパの戦前体制賛美論者である。

彼女が、我が国に徴兵制を敷くべきだと述べた論考。

三浦瑠麗 「日本に平和のための徴兵制を」 文春オンライン
 こちら。

彼女の文章は、句読点が少なく、一文が長い。分かりにくい。さすが法学博士である。

だが、彼女の言う「血のコスト」を国民が意識し、それによって「平和主義」を自覚するために、徴兵制を敷くべきだという論理は、成立しない。

イラク戦争以降、戦争犠牲者の90%以上が民間人なのだ。子細にその歴史を検証すれば、犠牲になる者の大半は軍人以外の一般市民であることことが分かる。戦争を引き起こす徴兵制を導入するのは、「血のコスト」を支払わせられるという、平和とは逆な方向に向かうことだ。また、今後の戦争・戦闘は、国と国の間の全面戦争ではなく、地域紛争、テロリズムが主となる。安倍政権の中東への関与の仕方が、我が国にテロリズムをもたらす可能性が高い。その場合、犠牲者の大多数は一般市民となる。

こんなバカな論理で、徴兵制を敷こうとすることに驚く。改憲を実施し、自民党改憲草案の通りになった場合、徴兵制は必然である。それを支持するために、御用学者や茶坊主は、こんな論理を持ち出してくる。そして、一旦徴兵制が敷かれると、第二次世界大戦時と同様に、不幸の均霑によって徴兵制は拡大され続ける。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5780-bb13c5fd