FC2ブログ

公権力の私物化 山口氏・籠池氏への対応 

この件については何度も記したが、公権力の私物化疑惑という点で、きわめて重大なことなので繰り返す。

安倍首相は、15年前、山口敬之氏の結婚式に参列し、祝辞を述べていたことが判明した。山口敬之氏とは、「総理」というタイトルの、安倍首相を持ち上げる本を書いた人物。その本では、山口氏と安倍首相の親密な関係が述べられているようだ。山口氏は、詐欺事件で立件逮捕された斎藤PEZY社社長とも親しく、一緒に法人を立ち上げている。山口氏は、斎藤氏を政権や行政に近づけた人物でもある。

そうした親密な関係にある山口氏について、安倍首相は、国会で尋ねられ、「取材関係だけ」だと答えた。籠池氏を切り捨てたのと同様である。自分に危害が及ぶようになると、親密な関係にあった人物であっても、安倍首相は簡単に切って捨てる。あからさまな嘘をついて、切って捨てるのだ。

山口氏が何故問題にされるかというと、PEZY社斎藤氏への不透明な公的資金の流れだけでなく、以前から報道されている準強姦逮捕執行停止問題がある。官邸に近い中村格前刑事部長が、逮捕寸前にまで行っていた山口氏の逮捕を停止させた問題だ。所轄警察が逮捕状を請求し、それを執行しようとした直前に、彼が逮捕執行を取りやめさせた。

安倍首相に近い人物だから逮捕が停止されたとすると、国家権力の乱用である。その国家権力は、逆に罪もない人を逮捕・勾留することになる。現に、補助金不正取得という本来詐欺罪として立件されぬ罪状で籠池氏夫妻が7か月以上拘留されている。籠池氏は、自宅も強制競売にかけられ帰るべき自宅を失う。国会で偽証罪に問われる証言を行った人物が、7か月も窓・冷暖房のない独房に、家族との連絡を絶たれて閉じ込められることは果たして公平な扱いか。籠池氏の証言と真正面から相容れぬことを述べている昭恵夫人は、証言も要求されず、ノウノウと暮らしている。

山口氏への扱いは、この籠池氏の扱いと表裏一体である。安倍首相にとって都合が良いか、悪いかで、公権力の適応が真逆となる。これはあってはならないことだ。山口氏の件は、全世界のマスコミが詳報している。ところが、我が国のマスコミは殆ど無視している。これは、国民の側が関心を持たないと、闇に葬られる事件なのだ。そうすると、何時かは我々が不当な公権力行使の対象になる。

第四回 『超党派で「準強姦事件逮捕執行停止問題」を検証する会』について、IWJが報告している。こちら。




コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5826-08706c52