FC2ブログ

改憲への動きが進められている 

来月下旬には、自民党の改憲案が出来上がる。これまでの安倍政権の強引な政権運営をみても分かる通り、国民投票には、その改憲案がそのまま憲法草案として出される可能性が高い。

今のところ、安倍政権下での改憲には否定的な世論調査結果が出ているが、国民投票では、与党の潤沢な資金と、財界・電通の支援を得た政権が自らの案を強引に押し通そうとするものと思われる。それまでは、株式市場に日銀・GPIFから莫大な公金が投下され続け、資産バブルが破裂するのを抑え込もうとする。

自民党の改憲案は、まだ明らかになっていない。国民に議論を深めてもらうというが、深まっているとは到底思えない。さらに、現憲法に首相・政府には憲法擁護規定がある。だが、首相は改憲に突っ走る。どうも自らの業績として改憲をやり遂げたいという野望がその動機ではないかと言われている。

彼らの主張する改憲のポイントは、自衛隊を憲法に書き込むかどうかという点だが、自ら、自らの正当に有利なように選挙制度について、こそこそと書き加えようとしている。参院選合区解消問題である。こちら。具体的な選挙制度について憲法に記すなぞ聞いたことがない。改憲を自らの利権のために利用しようとしている。

改憲のもっとも重大な問題は、緊急事態条項である。これは、首相に三権の全権限を与えるもので、首相がその必要性を宣言できる。ナチスがワイマール憲法を実質なきものにしてヒットラー独裁を実現した、国家授権法と同じ構図であり、その内実は戦前の国家総動員法と同じである。政府は、自然災害時の対応としてこの条項が必要だというが、既存の法律、さらに参議院の存続によって、自然災害時の対応は十分可能であることが分かっている。この条項の導入について、マスコミは取りあげず、国民の間で議論されている様子はない。

オリンピックは楽しい催しだが、その背後で、国の形を決める改憲への動きが進められている。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/5843-d602e6a1