FC2ブログ

夜の散歩 

昨夜、ユタのKen N7KMと交信した。2,3週間ぶりの交信だったが、挨拶だけで失礼するよと、Kenが言った。あぁ、定型的な交信だなと少し落胆しつつ、引止めはしないが、何をするのか尋ねても良いかと言った。

彼は、日の昇る前、早朝の散歩に奥様と出かけて、星を観るのだと言っていた。早朝の満天の星空を眺めながらの散歩か・・・お二人が歩く様子を想像した・・・私も愛犬と家内とともに散歩に出かけるとKenに言って別れた。

昨夜は、近くの水田まで足を伸ばした。暗闇のなかで、水田を渡ってくる風は、日中の暑さを忘れさせてくれた。静かな時間。家内が、南の方の星を指して、あれは何と言う星かしらと独り言のように呟いた。そして、宇宙のことを考えると、気が遠くなるといった話をした。

今日になって調べてみると、ペルセウス座流星群が、昨夜飛んでいたらしい。Kenは、それを観るために早朝の散歩をしたのだろうか。私達は、流星には気づかなかった。それでも、夜の散歩はこころを落ち着かせ、睡眠の前の準備になる。

明日、15日は、敗戦記念日。私を含めて、国民の大多数が戦争を経験しない世代になりつつある。平和をただ与えられるものとして、当然の権利として考えることは、適切なことではない。昨夜の夜の散歩のように、静かで平和な時間を過ごすことができるのは、当然のことではない。

Kenと次に会うときには、何を考えながら星空を眺めていたのか尋ねてみよう。

コメント

ペルセウス座流星群は全く見えませんでした。晴れているんですが星もまばらに見える程度なので、やっぱり都会で星を眺めるのは無理かな?

昨夜は、次男坊と散歩をしました。いろいろと話しながらの散歩で、空をじっくり眺めることをしませんでした。尤も、天文学の知識の乏しい私は、ペルセウスが空を横切ったとしても分からないかもしれません。こちら北関東は、満天の星空ですよ~。

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://nuttycellist.blog77.fc2.com/tb.php/585-22462c6b